リフォーム&リノベーション・リペイント

Reform&Renovation リフォーム&リノベーション

一概にリフォームと言っても、たくさんの業者が溢れる情報の中で『何を信頼して良いのか?』『何処に依頼するのか?』などお悩みになることも多いと思います。
まずは自分たちが、どんな快適な暮らしがしたいのかを明確にしましょう。たまたま気になった偏った知識や流行だけで判断してしまうのは後々の後悔に繋がることもあります。私達はリフォームの要素を「機能・性能・安心・デザイン・コスト」の5つで考え、お客様のご希望と共通の認識を持ち、かつこの5つの要素を織り交ぜながらご要望にお応えできるよう、ご提案させていただきます。

住宅外装塗装

屋根・外壁・ウッドデッキの塗装

※一部サイディングの劣化が激しく廃盤建材のため塗装にて復元補修

住宅外装塗装

住宅外装塗装

住宅外装塗装

住宅外装塗装

住宅各所リノベーション

システムキッチン入替・トイレ(洋風大便器)入替

システムキッチン入替・トイレ(洋風大便器)入替

システムキッチン入替・トイレ(洋風大便器)入替

システムキッチン入替・トイレ(洋風大便器)入替

洋間天袋解体

洋間天袋解体

洋間天袋解体

リフォーム窓取付

リフォーム窓取付

リフォーム窓取付

住宅トイレリフォーム

リモデルトイレ入替/天井・壁面クロス貼/床CF張替

※床下地が劣化していたため床板も同時交換

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

住宅トイレリフォーム

サイン工事

ビル内への誘導的サインの製作・取付

※面板はデザイナーに依頼

サイン工事

サイン工事

サイン工事

サイン工事

サイン工事

サイン工事

サイン工事

Repaint リペイント

木工・鉄鋼など素材に関係なく施工が可能です。
出窓部分の窓台天板・ダイニングテーブルなどの家具からピアノなどの楽器まで、経年劣化やキズ、日焼け・湿気による劣化などを修復・再生します。
素地の状態からコンディションを整えていけば、再生後は新品同様の仕上がりになります。

対応品目
窓台天板 / カウンター / テーブル各種 / チェスト / 箪笥 / 鏡台 / ピアノ(アップライト・グランド) / ギターetc.

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

1某スナックのカウンター修繕の事例。

使用頻度の高いカウンターは、摩耗や湿気による劣化が激しいです。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

2養生をしてから塗込み・研磨を繰り返します。

使用塗料は耐摩耗性などを考えて、下地よりウレタンにて塗装します。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

3終盤は刷毛目を残さないために吹付けにて塗装します。

色の剥がれている部分に関しては、筆にてタッチアップします。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

4最終的にカラークリアにて微調整後、クリアアップにて完成です。

新品同様の仕上がりになりました。

カウンター修繕塗装 before

BEFORE

カウンター修繕塗装 after

AFTER

窓台天板リペイント

窓台天板リペイント

窓台天板リペイント

1経年劣化や結露などの湿気により塗膜が崩壊状態です。

日焼け痕やシミなども出ています。

窓台天板リペイント

窓台天板リペイント

2素地まで落としてから養生・着色塗込みを行います。

まず旧塗膜を溶剤により剥離し、素地まで落としてから養生・着色塗込みを行います。導管がとまるまで塗込みと研磨を繰り返します。

窓台天板リペイント

窓台天板リペイント

3最終的にカラークリアにて色の微調整後、クリアアップします。

新品同様のキレイな仕上がりに。
お客様にも満足していただきました。

窓台天板リペイント before

BEFORE

窓台天板リペイント after

AFTER

グランドピアノ塗替 
黒いグランドピアノをホワイトパールへ塗替え

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

1黒いグランドピアノをホワイトパールへ塗替の依頼です。

普段化粧品店舗で施している鏡面塗装同様、かなりハイレベルな仕上がりが求められます。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

2塗装工程

キズの補修・塗込・研磨を繰り返し、ウレタンエナメルでベースカラーを決めてからパールを吹付けていきます。仕上げにクリアアップ×3回吹付けして、十分に硬化させます。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

3ポリッシャーにて最終磨き作業を行います。

塗装工程完了後、ポリッシャーにて最終磨き作業。細目→極細目→超極細目と各段階で2~4回程度ずつ磨いていきます。

カウンター修繕塗装

カウンター修繕塗装

4納品

塗装完了後、バラバラにした部材を全て組上げ納品。照明の角度でパールが独特の輝きを放ち、専門の運搬業者及び調律師さんも驚く程のクオリティーの高い仕上げ。もちろんお客様にも納得していただけました。

カウンター修繕塗装 before

BEFORE

カウンター修繕塗装 after

AFTER

座卓リペイント

座卓リペイント

座卓リペイント

1ウッドシーラーにて下地調整します。

天板塗膜も無くなり木目自体も薄くなってしまっている座卓のリペイントです。
先ずは下地調整後染色し直してからウッドシーラーにて下地調整します。

座卓リペイント

座卓リペイント

2ポリエステル樹脂流し込み

天板の突板に剥がれ等も確認されていたため今回はポリエステル樹脂を流し込み天板を強化していきます。

座卓リペイント

3パラフィン(蝋分)を研磨除去します。

パラフィン(蝋分)を研磨除去します。

4マット系クリアを吹付けます。

研磨後ウレタンサンディング吹付後マット系クリアを吹付けます。今回はアンティーク調に仕上るため隅入れを行いました。

座卓リペイント

座卓リペイント

5仕上げ

最後にTOPクリア(3分艶有)を吹き付けて塗装完了です。
新品同様に仕上げることが出来ました。

座卓リペイント before

BEFORE

座卓リペイント after

AFTER